藤谷日記
日常で体験した事を書いてゆきます。ゲーム中心です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEEDデスティニーという作品
20051208182614.jpg

フレイ『私の本当の想いが貴方を守るから…!』
最終回でストライクフリーダムが無傷だったのはそういう理由にしておこう。

とりあえずSEEDデスティニーとシンの感想を書いて見ます。
けっこうシビアに書いてるので『SEEDデス大好きだー!!』って人と
『キラとアスランが好き』って人は見ない方が良いかもしれません。
まあ、若干表現はソフトに書いてますが(笑)
あと文章滅茶苦茶です(;T∀T)読むのが大変かもしれません

では追記の方でどうぞ!


にしてもSEEDデスティニーですが1年間放送してた訳ですが
作品としての出来は正直、褒められた物じゃないと思う。
だって主人公のシン・アスカは全然出番が無いし、最後までただの脇役のような扱いだったし。
でも第1期OPを見ると監督自身はシンを主人公に物語を構築してたんだろうなぁと思います。
、肝心のメイン脚本である両澤千晶氏が全くシンを書くことが出来ず
前半はただアスランがうじうじと悩んでるだけの話になってました。

1クール終了と共にキラとフリーダムの復活により主役交代が図られるものの
キラ自身は特に何も背負わず淡々と戦ってて見ている側としては非常に感情移入が難しい状態に。
戦闘に割って入っては手当たり次第にMSを戦闘不能にしていくのですが
それは本人にとっては『戦いをやめさせる』という意味合いが込められてるんでしょうけど
戦ってる人達にとってはただの迷惑行為でしか無いのですよ。
つまりはキラ達がしてる事は独善の押し売り行為な感じです。

シンも中盤では自分勝手なワガママなガキに成り下がる始末。
アスランもキラとの再会で余計にうじうじと悩んで中途半端になるし

終盤ではなんとかシンにも出番が与えられルナマリアと強引な展開で恋仲になってロゴスを討つという使命に燃えるキャラになりましたけど、冷静に見ているとシンって全然成長してないんですよね。理由はそれだけの出番が無かったという事で。シンというキャラは素材としては主人公向きの設定だったのにその設定も全然活かされてませんでした。シンが頑張ろうとも脚本はいつもアスランとキラが中心ですし。

最後はデスティニープラン阻止のためにアークエンジェルが立ち向かうわけですが
シンはただ議長の示す未来の為に戦ったんですよね。
だけどそれもアスランに否定され敗北という結果に終わりました。
最後にザフトの要塞メサイアが崩れ落ちてゆくのを見つめ涙を流すシン。
あぁ、また守れなかったんだなと。
守りたかった。でも守れなかった。
シンは最後までそれの繰り返しでした。
最初に家族を失い、次は自分が守ると約束したステラも死に
やっと目指すべき道を見出すも最後は守りきれず失った…。
もう本当に色々な意味で救いの無いキャラでした。
まあ、唯一の救いは恋人であるルナマリアがその悲しみを受け止めてくれる事でしょうか。
デュランダル議長を失ったザフトでシンは何をするのでしょうね。
今度放送される特別総集編では最終回後の話が描かれるそうですが
どうせキラとアスランが中心なんだろうなぁ。
自分は戦争を終わらせたシンのその後が見たいですよ…。

まあ、全体的に愚痴になってしまいましたがSEEDデスは嫌いじゃないです。
脚本は評価してませんが。キャラとメカと設定が好きなので。
両澤氏の事を批判するような事を書いてますが決して駄目とは言ってません。
シンとステラの海での出会いの話は素直に良かったと思えたし
最終回前のムウさんの復活も感動しました。
そして最終回のラストで自由を選びその意思を貫き通すキラ。カッコ良かったです。
発想は悪くないんですよ。ただメイン脚本ではなくサブ脚本でお手伝いのようなポジションにつけば良かったんじゃないかな。
やっぱり脚本はちゃんとした脚本家が書かないとグダグダになりますって。
あくまでアイデアで手伝いしてればよかったのに脚本の主導権を握り
絵コンテを遅らせ、その所為で作画の方にも負担がかかり回想シーンと総集編まみれになるんですよ。
次に福田監督の作品があるとしたらシリーズ構成はちゃんとした脚本家にして欲しいです。
両澤さんはあくまでお手伝いするだけで良いんです。

あー、もー、書いてて自分でも何がなんだか分からなくなってきました(自滅)
とりあえずぶっちゃけた結論!

シリーズ構成はちゃんとした脚本家にしましょう!!

てな感じで、どすか?(ケロロ軍曹)

もういい時間なので寝ます。朝起きれるかな?(笑)
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。